fa358fee1e5043549dd645f2ff0f22b9_s

自分の持っている土地はいくらなの?

住みたい場所の土地はいくらなの?

周りの人はいくらで買っているの?

 

土地の価格は、主に需要と供給によって決まります。

土地は、世界に一つ、その場所にその形でしか存在しないもので、

値段を決めるのは非常に難しいです。

それこそすべて時価ということになります。

不動産業者や専門家でもない限り、

「あそこの土地は○○円くらいだね。」という計算はできません。

「いや~、あそこの土地は掘り出し物でね、なかなか出てこない代物なんですよ。」

「それがなんと!今回○○万円で販売させて頂いております!」

なんていうセールストークがあっても、

「駅徒歩5分、閑静な住宅街にある土地、坪単価○○万円!」

なんていうチラシ広告があっても、

提示された価格や記載された価格は適正なの?って気になりますよね。

 

 

実は、一般の人でも、公的機関の公表する情報から、ある程度の土地の価格は調べることが出来るんです!

 

ただ、土地の価格というのは、ひとつの土地に4つも付けられているんです。

 

一物四価?一物五価?土地の価格について

 

土地の価格は、その公表している機関と種類によって4つ、場合によっては5つ存在します。

それぞれ役割が違うので、金額にもバラつきがあります。

ちなみに4つとは、値段の高い順に以下のとおりです。

 

・実勢価格

・公示価格

・路線価(相続税評価額)

・固定資産税評価額

これに、もう一つ加わるのは、基準地価ですが、公示価格の時期的な補完をするものと考えてよいと思います。

 

土地の価格を算定するのは、本格的にやろうとすると、不動産鑑定士という専門家に鑑定依頼をすることになります。

その場合は、当然ですが、それなりの費用が発生します。

ですので、取り敢えずお金をかけずに自分でということであれば、ご自身でリサーチされることをお勧めします。

 

具体的な価格の調べ方は、次回にします。